あわいを往く者

   [?]

頂き物イラスト 九十九の黎明 番外編「特訓」より

 akinokonikaさんが、なんと、「九十九の黎明」番外編「特訓」の一場面を 漫 画 にしてくださいました! コ ミ カ ラ イ ズ!!!
 とにかく、見てください! 見て!!(大興奮
  
 ※画像クリック後、オンマウスで画像の左肩に「拡大縮小」、左右の端に「ページ送り」のアイコンが表示されます。(スマホ等でアイコンが表示されない場合も、画像の左肩をタップすると問題なく拡大されます)
akinokonika1.jpg akinokonika2.jpg akinokonika3.jpg
 すごいです……すごい。まるで本当にウネン達が動いて喋っているみたいです……。
  
 ウネン、むっちゃ気合入れて呪符の練習してる……。確かに、この、いっぱいいっぱい感は可愛い……。モウルの気持ち、分からなくもない……←
 一枚目の右側、風にはためく服や髪がとても雰囲気が出ていて素敵です。
  
 オーリは見事にずっと眉間に皺が入りっぱなしだw 仏頂面だけど、驚いた顔はできるんですよね……良い……良い……。
  
 そして、モウル! 君、好き放題やな……!w
 映像にするとこんなに胡散臭くなるんですね……。どのコマも戦闘力高いなあ!
  
 二枚目のウネンの「むむむむ」以外は小説の台詞をそっくりそのまま使ってくださっているんですが、とても興味深いことに、会話のテンポが小説と漫画とで全然違うんです。
 小説のほうは、オーリ視点で彼のモノローグが幾つも台詞の間に挟まっているんですが、漫画のほうは一切そういう内心での呟きが無くて、なのに表情や仕草できっちりとオーリの心情が伝わってくる。間の取り方も小説とは違うのに、物語の同一性がきっちり保たれているという。表現手段が違えば、その手法も変わってくるんですね。実に面白い。
  
 番外編ということで登場人物の外見や舞台背景の詳しい描写はしていませんが、本編未読でも読めないことはない内容なので、気になった方は是非漫画と小説とを読み比べて見てください。
 漫画にしてくださった箇所は、中ほどにあります。→番外編「特訓」
 
 akinokonikaさん、素晴らしい漫画をありがとうございました!!

akinokonikaさんのサイトはこちら。
Twitter