あわいを往く者

  [?]

九十九の黎明 第十一章 滅ぼさんもの

  
 一体どれぐらいの高さがあるのだろう、長い長い階段を上りきったソリルの目に、広々とした船の背と、その中央に立つ小さなほこらが飛び込んできた。
 ソリルは、真っ直ぐに神庫ほくらの前へと行くと、まずは足で辺りの砂を払いのけ始めた。
 やがて、直径ニメートルほどの砂だまりの輪郭が現れた。自然物とは思えない美しい真円形を前に、もう町長まちおさ達は文句を口にしなかった。「ここに出入り口があるんだな」と、一心不乱に円匙シャベルで砂をかき出してゆく。
 掘ることおよそ二十五センチ、ようやく出入り口ハッチがその姿を現した。
 ソリルは他の四人を下がらせて、扉のふちに沿ってその表面を撫でた。直径十五センチほどの円い窪みを探り出し、溜まった砂の中の握りを時計回りに半回転させる。もう一箇所、更にもう一箇所、と、同様の握りを回し錠をあけてゆく。
「絶対、ドアクローザーは壊れてしまっているよね……」
 溜め息とともに独りごちると、ソリルは等間隔に並ぶ五つの握りのうち、真ん中の握りに縄を結びつけた。「扉が勢いよくひらかないように引っ張っていてください」と男達に縄の端を手渡し、最後の錠を外した。
「あれ?」
「どうなさったね」
「長い間ずっと閉めたままだったから、固着してしまっているみたいです。ちょっと押してみますので、縄をしっかり持っていてください」
 ソリルは穴のふちにうつ伏せになると、扉を下方へと思いっきり押した。
 船体に触れたところからソリルの身体に、扉が軋む音が直接伝わってくる。その音とは別にもう一つ、とても不吉な――
 と、唐突に扉がガコンと重々しい音をたててひらいた。
 縄がぴんと張るや、扉の勢いに負けて、縄を括りつけた握りが砕け折れる。
 ソリルは咄嗟に隣の握りを掴んだ。扉が壁に激突する衝撃で遺跡に負荷をかけることを恐れたのだ。
 激痛が、ソリルの肩に走った。押し殺した悲鳴が、ソリルの口から漏れた。
 厚さ二十センチはあろうかという巨大な円盤に引きずられて、ソリルの肩が、胸が、穴のふちを乗り越える。このまま扉とともに落ちてしまう、というところで、扉は軋みながらその動きを止めた。子供の父親が、持っていた円匙シャベルを扉の隙間にこじ入れ、辛うじて歯止めをかけたのだ。
「大丈夫か、あんた!」
 肩の痛みに呻くソリルを、町長まちおさが心配そうに助け起こす。
 その傍らでは、二人の若者が、縄を別な握りに括り直して、そろりと扉を開いてゆく。
 ソリルは唇を噛んだ。喘ぐように息を継いで、子供の父親を見上げた。
「すみません……この肩では、とても子供さんを助けには行けません……。あなたが代わりに行ってくださいませんか」
「え、しかし……」
 深呼吸を一つ、ソリルは両目をきつくつむった。
「さっき、扉をあける直前に、聞こえたんです。ここのずっと下のほうで、何か硬い物にひびが入るような、不吉な音を。たぶん、もう、一刻の猶予もありません」
 なんだって、と蒼白になる町長まちおさの横で、父親がごくりと唾を呑み込んだ。
「分かった。方法を、道順を教えてくれるか」
 ソリルが静かに頷いた。例の頭痛が、既に始まっているというのにもかかわらず。
「すぐ下にある扉は、今のとほぼ同じ仕組みになっています。五箇所あるハンドル……握りを、右回りに半回転させて錠をあけてください。こちらも、扉が壁にぶつかって遺跡が壊れないように、縄を……」
 男達がテキパキとソリルの指示に従って動き出す。
 ややあって、重い物が軋む音に続けて「ひらいたぞ!」との声が少し下から響いてきた。
 砕けた肩の痛みを、〈誓約〉の痛みが上回る。たまらず身をよじったソリルの上体が、町長まちおさの腕から転がり落ちた。
「大丈夫か、あんた!」
縦坑たてこうを……下りていって……」
 襲いかかる激痛の中、ソリルは身を折り頭皮に爪を立てながら話し続ける。
「扉……七つ目か、八つ目の……」
 あまりの痛みに、視界が急速に狭まってゆく。まるで細い筒を通して外を眺めているかのように。意識が外界から遠ざかってゆく。
 でも、もう少し、もう少しだけ。あの子を助けなければ。あの子は泣き虫だから、きっとひとりで泣いている。もうすこしだけ、おねがい、かみさま。
「扉は……握りを下へ倒して、扉は横へ……左へずらして……」
 僅かに残った光が、恐るべきちからで叩き潰される。
 その刹那、ウネンの意識は物凄い勢いで後方へ引っ張られた。
  
    * * *
  
 我に返ったウネンの視界に真っ先に飛び込んできたのは、ソリルの碧い瞳だった。いのちを失った無機物のような碧色に、ウネンの顔が映り込んでいる。
 依然としてここは、ウネンがマンガスに連れてこられた塔の上だ。ウネンはここで、寝台に茫と座るばかりのモウルの姉とまみえたのだ。
「里の者には、生まれると同時に里長さとおさによって術がかけられる。里が守り続けている古い知識を、里の外の者に漏らしてはならない、という〈誓約〉だ」
 ウネンのすぐ背後から、マンガスの声がした。
「この術のおかげで、我々は里から出ても里での記憶を失うことはない。だが、逆に、恐るべき頸木を引きちぎり〈誓約〉を破ってしまった者は、里で培った全ての記憶を、人格を、ひいては正気すら失うことになる」
 あまりにも衝撃的な内容に、ウネンは勢いよく後ろを振り返った。
 十五年の歳月と辛酸を経たエレグの顔がそこにあった。
「ここにあるのは、かつてソリルだった抜け殻に過ぎない。そう、彼女は、私が愛したソリルは、もうどこにもいない!」
 荒々しく言葉を床に叩きつけ、それからマンガスは呟いた。「彼女はただ、子供を助けたかっただけなのに」と、苦渋の声で。
「ソリルを治療してもらうために、私は彼女を連れて里へ帰ることにした。川隣の町まで戻ってきたところで、ボロゥに会った。候補の彼なら、彼女を助ける方法を知っているかもしれない、と思い、私はまず彼に相談した。
 だが、彼から返ってきたのは『諦めろ』の一言だった。そればかりか、『里の神との〈誓約〉を破るからだ』となじられた。何も手立ては無いのか、と食い下がる私に、奴は『邪魔だ』と言い放った」
  
    * * *
  
「邪魔だ、そこをのけ。俺は、逃げたを探している最中なんだ。お前と無駄話をしている暇なんて無い」
 ひとけの無い町外れ。思いもしなかったボロゥの言を聞き、エレグは知らず問い返していた。
「逃げた? 、って、ヘレーさんが?」
「ああ、そうだ。先日、里山でツェウさんが赤狼に殺されて、そのショックで少々情緒不安定になってしまったみたいなんだ」
 ボロゥの口からは、俄かには信じがたい言葉が次々と飛び出してくる。エレグは驚きのままにボロゥに詰め寄った。
「あんな里の近くで!? 神は一体何をしておられたのだ!」
「滅多なことを言うな。神にだって目の届かぬ暗がりはあるのだ。目となり耳となりそれをお助けするのが、我々ノーツオルスの使命だろうが」
「だが、野獣の害についてはもう随分前から議論されていただろう。せめて、神庫ほくらの上だけでも電気柵で囲めないか、と」
 いにしえの技術による野獣よけの柵は、何十年、いや、何百年も前から多くの里人さとびとによって求められていたと聞いていた。
「そんな危険は冒せない」
 そのたびに里長さとおさひかといった里の中枢を担う者達が、これと同じ台詞を繰り返しては却下していた、とも。
神庫ほくらを維持するでできるはずだ」
神庫ほくらの維持ですら、神の大いなる温情によるのだぞ。それ以上を望むなど、贅沢が過ぎる」
 取り付く島もないボロゥの態度を目の当たりにして、エレグの不満が爆発した。
「お前は……お前は……、人と神のどちらが大切なんだ!」
「お前が言う『人』とは、人類という意味か」
「そんな話をしているんじゃない、ということぐらい、解らないか!」
 肩で息をしながらエレグはボロゥを睨みつける。
 ボロゥが、ついと視線を逸らした。
「そういう意味ならば、答えは『神』だ。決まっている」
 ボロゥのこの言葉を聞いた途端、燃えるようだったエレグの頬がすうっと冷めた。
 エレグは大きく溜め息をついた。そうして、無言でボロゥに背を向けた。
「おい、待て、エレグ、何をする気だ」
 不安げな声とともに、ボロゥがエレグの肩を掴む。
 エレグはボロゥを一顧だにせず、淡々と簡潔に言葉を返した。
「この馬鹿げた話を里の皆に教えてくる」
「馬鹿げた話だと?」
「ああそうさ。人類のためだと言いながら人の命を軽んじ、神の顔色を窺うばかり。お前達は知識というちからで、ただ人々を支配したいだけじゃないのか」
「それは違う!」
 エレグはそこでようやくボロゥを振り返った。
「ソリルのことだってそうだ。彼女は、人として、目の前で死にゆく子供を助けようとしただけだ。それを……、神との〈誓約〉を破ったから当然の結果だと……、彼女が愚かだっただけだと、その一言で片づけるのか!」
 ボロゥが、唇を噛んでエレグから顔を背けた。肯定の言葉も、否定の言葉も、何も返ってはこなかった。
 再びふつふつと沸き上がる怒りを深呼吸で抑え込み、エレグはきびすを返した。
「どんな理由であれ〈誓約〉を破れば、里人ぼくらは全ての記憶を奪い取られる。ただ生命活動を行うだけの死者も同然となる。このことはきちんと皆に知らしめるべきだろう」
「駄目だ!」
 ボロゥの腕が、エレグを羽交い絞めにした。
「そんなことをすれば、いたずらに神への不信感を煽り立てるだけになる。里を存続させるためにも、それだけはならん!」
「放せ! もう二度とソリルと同じような目に遭う人間を出さないためには、そうするしかないだろう!」
 行こうとするエレグと、行かせまいとするボロゥ、二つの影が乾いた土の上でもみ合った。腕を掴み、振り払い、足をかけ、かけ返され、やがて互いにつに渡ったまま膠着状態へともつれ込む。
「……まさか、お前は知っていたのか?」
 ふと浮かんだ疑念を、エレグは思わず口にしていた。「〈誓約〉を破ればどうなるのか、お前は知っていたのか?」と、震える声で繰り返す。
「お前が、里を出るなどと言わずに、大人しく俺と同じの候補になっておれば、知れたことだ!」
「ソリルがああなったのは、僕のせいだと言うのか――!」
 その瞬間、エレグの視界が真っ赤に染まった。
 耳元で響く呻き声が、どこか遠くのほうから聞こえてくるような気がする。
 生あたたかい液体が右手をつたってきて、エレグは我に返った。
 ボロゥが地面に崩れ落ちた。
 倒れ伏すボロゥを中心に、乾いた土がみるみるあけに染まってゆく。
 エレグはおのが手元に視線を落とした。脂で曇る短刀を、血の滴る手をじっと見つめた。自分でも驚くほど、胸の中は静まりかえっていた。
 と、向こうのほうからボロゥの名を呼ぶ声が聞こえてきた。同時に、ヘレーを呼ばわる声も幾つか。おそらく、ボロゥ同様ヘレーを探しにやってきた里の人間だろう。
「そうだ。ヘレーさんだったらなんと言うかな……ツェウさんは神にとって、守るに値しない存在だったと……」
 エレグは、ボロゥのマントの裾で手と短剣についた血をぬぐった。ベルトの背中側にある鞘に短剣を戻すと、まるで何事もなかったかのように、その場をあとにした……。
  
    * * *