あわいを往く者

   [?]

小説 解説

当サイト掲載小説の解説というか蛇足というか、要は作者からのコメントです。
だいたいどの話にも多かれ少なかれミステリ要素(手法)が入ってきます。オチがつかなければ落ち着かない病。
どれから読もうか迷ってしまった時は、【比較表】も参考にどうぞ。
長短関係なく初出時の新しいものから順に並んでいます。

楽園の手

「手」萌え。
「手」がお題の「覆面作家企画8」参加作です。ちょっとばかり悪趣味です。じわじわ来る系の不気味さを目指しました。ある意味、GBらしい物語ではあると思います。覆面作家企画なのに、全裸参加してましたね。

九十九の黎明

バディ萌え。疑似家族萌え。
男の子と間違えられてばかりいる「不憫可愛い(読者様談」主人公と、「お巡りさんこっちです(外見」な剣士と、「お巡りさんこっちです(中身」な魔術師が、時に対立し、時に協力し合いながら、次第に絆を深めていく物語。全体的に中二病風味な設定てんこ盛りです。

紅玉摧かれ砂と為る

こじれた関係萌え(?)。 [R15]
初の悲恋ものです。中二病全開で、痛々しい上に重苦しいです。私も明るくて楽しい話が書きたかったのですが、これはこういう物語なのだから仕方がありません。
黒の黄昏」の外伝ではありますが、完全に独立した物語となっております。
とはいえ、若干話題を共有している部分がありますので、「紅玉〜」の重苦しさを思いっきり堪能したいという方は、「黄昏」よりも先に「紅玉」を読まれることをおすすめします。逆に、少し引いた場所から傍観者の目で「紅玉」を眺めたい方は、「黄昏」を先に読めばいいかもしれません。

銀色の守護者

萌えというよりもむしろネタしかない。
ゆるゆるSF企画」参加作です。最初から最後までボケ倒しな物語ですので、ツッコミを入れながら読んでいただけたら。

アルノルド・サガフィの帰郷

バディ萌え。主従萌え。
「帰」がテーマの「オンライン文化祭2013」参加作です。主な登場人物が陸軍(中略)小隊長と王都警備隊(中略)分隊副長という、一見派手そうで、実際は地味な物語。ミリタリ要素は肩書き以外に殆ど出てこない、どこまでも雰囲気萌えな一品です。

林檎一つ、他は何も

世界観萌え。雰囲気萌え。 [R15]
R15以上の創作企画「Risky Twenty 2」参加作のサイト版です。企画のテーマが「タブー」なのですが、読む人を選びそうなネタはたぶん出てきませんので、ご安心ください。一応ハッピーエンドだしね! ウソハイッテナイヨー。

天穹に詩う

じれじれ萌え。
ペンギンフェスタ2012」参加作です。選んだテーマは「再生」。覇気の足りない半人前の癒やし手と、俺様領主と、ヘッポコ魔術師の、ただひたすらもどかしい恋愛模様です。
黒の黄昏」の外伝ではありますが、完全に独立した物語となっております。

月下の虜囚

寡黙な剣士萌え。 [R15]
R15以上の創作企画「Risky Twenty」参加作のサイト版です。妖艶な雰囲気を狙ったはずが、何故か結局いつもどおりの「ミステリ的な何か」に落ち着いてしまいました。

夜風は囁く

アニキ萌え。
「夜」がテーマの「オンライン文化祭2011」参加作です。お調子者でおちゃらけているけど、締めるところはきっちり締めてくれるタフなアニキ、というニッチな萌えを追求しました。
黒の黄昏」の外伝ではありますが、完全に独立した物語となっております。

かえりみち

浴衣少女萌え。
第五回「夏祭り」参加作です。使用したお題は「炎天」「お盆」「浴衣」。一応、ボーイ・ミーツ・ガール譚ですが、徹頭徹尾趣味に走りまくった、ある意味とても「GBらしい」短編のような気がします。

鏡にのぞめば

朴念仁萌え。
東日本大震災チャリティ本「One for All , All for One and We are the One Vol.2」(2011/4/30刊行)掲載作です。奥手を絵に描いたような女子大生と、朴念仁を具象化したような眼鏡男子の、もじもじするような会話をお楽しみください。
薄紅まといて」の後日譚ではありますが、未読の方でも問題無くご覧いただけます。

Logical Valentine

理系カップル萌え。
2011年バレンタイン更新。王道シチュエーションを用意したはずなのに、何故か変人展覧会になってしまいました。
当サイトの他の小説を読んでくださった方へのお礼も、こっそりと込めております。

RはリドルのR

男女のバディ萌え。
ライトな謎解きをメインに、登場人物達の成長を描く(つもりの)、一話完結型の短編連作です。
バディ萌えを書きたかったはずなのですが、どうしてこうなった。
うつしゆめ」と同一の世界を舞台としています。
アルファポリス第2回ドリーム小説大賞で大賞候補作に選ばれました。

薄紅まといて

電子書籍化に伴い、試し読み用に第一節のみを公開中
朴念仁萌え。
焦れ焦れ学園恋愛物と見せかけて、実はちょっぴり伝奇物です。ファンタジーというよりも、日本昔話的な感じを目指しましたので、突拍子もない物語は苦手だ、という方も難なく読めるんじゃないかなあ、読んでもらえたらいいなあ、……と淡い期待を抱いています。
袴に弓道衣に眼鏡の兄ちゃんが書けて、とても満足しています。

うつしゆめ

書籍化に伴い、試し読み用に序章のみを公開中
ヒネた男女萌え。
大学四回生にもなって未だ中二病を引きずっている秀才君の、煩悶と救済(?)の物語です。犯罪を扱っていないこともあり「ミステリ」を名乗るには少々頼りない気がするため、曖昧に「謎解き物」と誤魔化すことにしました。
「撞着する積木」のスピンオフではありますが、完全に独立した物語となっております。
アルファポリス第2回第4回第5回ミステリー小説大賞で大賞候補作に選ばれました。

炒り豆をめぐる冒険

悪ガキ&兄ちゃんのコンビ萌え。 [PG12]
思いっきり明るい話が書きたくなって、勢いで突っ走りました。ドタバタアクション+ラブコメディ。と言いつつ、花より団子な物語です。
黒の黄昏」の外伝ではありますが、完全に独立した物語となっております。

相対する積木

年の差カップル萌え。 [R15]
「撞着する積木」の続編です。ひたすらシリアスな正編と比べて、雰囲気や方向性がかなり違ってきてしまったので、別シリーズとして独立させました。

黒の黄昏

幼馴染み萌え。上司×部下萌え。 [R15]
男勝りなヒロイン、直情径行のくせにツンデレのヒーロー、暗い過去を背負った大魔術師、俺様尊大な反逆者、百戦錬磨の警備隊、などなど、自分の萌えを思いっきり詰め込みました。大きく広げた風呂敷が上手く畳めるか、どうぞ最後までお付き合いください。