あわいを往く者

   [?]

黒の黄昏 目次

平和な辺境の田舎町に忍び寄る反乱団の噂。黒の導師とは、黒髪の巫子とは何者なのか。幼馴染みへの想いに揺れる若き女魔術師は、否応無くその渦中に巻き込まれていく。
[R15] 中学生以下の方は閲覧をご遠慮ください。 ※2010年と2013年に改稿を行っております。
改稿箇所詳細:旧版既読の方向けダイレクトジャンプ

黒の黄昏

 初稿:2006/3/1〜2007/6/15、改稿:2010/1/18〜7/20、再改稿:2013/1/24

第一部

第一話  二人の弟子
1.喧嘩  2.愚計  3.襲撃  4.逆襲
第二話  春の嵐
1.記憶  2.告白  3.帰還  4.思惑
第三話  小さな秘密
1.暗雲  2.被災  3.生還  4.裏切
第四話  這い寄る混沌
1.風聞  2.師弟  3.取引  4.獲物
第五話  引き裂かれた二人
1.奪取  2.決意  3.半身  4.決別

第二部

第六話  虚空を掴む指
1.光陰  2.潮境  3.虚実  4.儀式
第七話  古都の収穫祭
1.巫子  2.前哨  3.醜類  4.復讐
第八話  絡み合う糸
1.隙意  2.兄帝  3.嵌絵  4.祖師
第九話  求める者、求められる者
1.命令  2.錯綜  3.淵源  4.伝承
第十話  死が二人を別つまで
1.急転  2.吐露  3.餞別  4.再会

第三部

第十一話  それぞれの夜
1.奇襲  2.慚愧  3.赦免  4.微酔
第十二話  逆巻く神颪
1.出立  2.神柄  3.葛藤  4.逢着
第十三話  置き去られた想い
1.遭遇  2.霹靂  3.評定  4.幻影
第十四話  滴り落ちる闇
1.道標  2.廃墟  3.神話  4.継承  5.崩壊
第十五話  夜を司り、死をもたらす者
1.召喚  2.対峙  3.階梯  4.帝都  5.誘惑
第十六話  昼を司り、命をもたらす者
1.謁見  2.黒髪  3.終焉  4.破戒  5.出発

番外編

喧嘩のそば杖    文庫本換算34頁・2013/1/24
第三部のどこか。サンに稽古をつけてもらっているレイだったが……。
旧版番外編「比較」(2008/10/25)を改稿、改題。
警告 致命的なネタバレが含まれています。本編を読了した方のみご覧ください。
煙草  3頁・2013/2/19
張り込み中のガーランとエセル。ブログ初出:2012/4/18。
キス  3頁・2013/2/19
第三部以降のエセルとインシャ。ブログ初出:2012/5/23。
つうこんのいちげき  4頁・2013/2/19
第三部初めの、悩めるルドス警備隊員達。ブログ初出:2013/1/27。

外伝

炒り豆をめぐる冒険       65頁・2007/12/18
本編が始まる半年前。サンと会うためにルドスにやって来たリーナが巻き込まれた騒動とは。
夜風は囁く      46頁・2011/11/3
さりげなく後日譚。ひょんな事から礼拝堂の屋根に登る羽目になったガーランが見たものは。
天穹に詩う       45頁・2012/6/14
本編が始まる20年前。癒やし手見習いの娘が出会ったのは、落ちこぼれの魔術師だった。
紅玉摧かれ砂と為る  215頁・2015/4/22 NEW
本編が始まる12年前。舞台は北方のカラント王国。王太子と、平民の従兄弟と、その幼馴染みが織りなす、痛々しい恋の物語。
「黒の黄昏」は以下の検索サイトに登録しています。
ファンタジー・サーチ
アルファポリス